top›いざといったときのために病児保育、延長保育などの二重保育を準備しておこう

いざといったときのために病児保育、延長保育などの二重保育を準備しておこう

<広告>

<広告>

許認可保育の場合、自治体で決められている保育時間以外の、朝、夜の延長は、保育園に申し込みます。

延長料金は認可保育園でも保育園によって違ってきます。 朝、何時から預けられるかも必ず確認しておきましょう。

自治体の助成施設は、最近駅に近いビルに入っていることも多いので、朝早い出勤の人はチェックしておきましょう。 夜の延長は、保育園によって違いますが、認可保育園の場合は19時~20時の範囲がほとんどです。

また、延長保育は○才児からなどの年齢制限を設けているところや、人数枠があるところ、月極の延長保育のほかにスポット利用ができる保育園もあるので確認しておきましょう。

保育園に預けると、子供は風邪などの感染症にかかることが多くなります。 1日の大半を集団生活の中で過ごすのですから、ある意味当たり前のことです。

とはいっても、病気の時の預け入れ先の確保は働くママ全員の悩みどころです。 パパとの連携やおじいちゃん・おばあちゃんなどの身内のサポートが不可欠となります。

パパは残業が多く、身内が近くにいないという場合、病児・病後児童保育施設を利用してもいいでしょう。 これは子供が病気の時や、病気の回復期に預かってくれる施設です。 事前に登録し、いざという時に備えておけます。

医療機関に併設のところ以外は、基本的に病後児施設になります。 認可保育園や小児科に併設された保育質などで預かってくれます。 最近では数が増えてきています。 病後児の場合、利用するには事前に小児科の同意書が必要です。

<広告>

子育てママの仕事両立コラム
子育てと仕事は両立するのは大変! 精神論だけでは子育てと仕事を両立させるのは不可能 子供がいくつになったときに仕事へ復帰したいか目標を決めよう 仕事選びと保育施設選びは並行して探そう
いざといったときのために病児保育、延長保育などの二重保育を準備しておこう いざといったときに助けてもらえるご近所づきあいのポイント 子供の成長と共にステップアップ(パート→フルタイム)して働こう 家庭では時短レシピと時短家事を心がけよう
子供の長期休暇期間(夏休みや冬休みなど)の過ごし方 仕事と子育てを両立させるワーキングマザーは昔よりも増えている 仕事と子育てを両立させるママのリフレッシュ方法 子育てママの働き方は多様化してきている
子供の行事にはメリハリをつけて参加する 苦手な家事はお金で快適に解決する パパとの育児、家事の分担を相談 パパに子供を1日預けるとパパの子育ての意識が変わる
パパに学校と関わってもらうことで子育ての強い味方になる 「やらないこと」を積極的に作ろう おじんちゃん・おばあちゃんのサポートを受けよう 仕事を辞めたくなったら?
子供に「仕事を辞めて」と言われたら? いつまでも女らしくいたい 早起きである 子育てと仕事を両立させているママの特徴 家族の時間を大切にしている 子育てと仕事を両立させているママの特徴
パパや職場に子育てへの理解がある 子育てと仕事を両立させているママの特徴 自分のスキルアップを欠かさない 子育てと仕事を両立させているママの特徴 隙間時間の活用が上手である 子育てと仕事を両立させているママの特徴 完璧を追い求めない 子育てと仕事を両立させているママの特徴
情報を共有化し、自分にしか分からないことを作らない 子育てと仕事を両立させているママの特徴 カフェ・レストランスタッフ 子育てママにお勧めの仕事 一般事務 子育てママにお勧めの仕事 製造スタッフ 子育てママにお勧めの仕事
コールセンターのコールスタッフ 子育てママにお勧めの仕事 スーパー・コンビニスタッフ 子育てママにお勧めの仕事 生命保険会社の生保レディ 子育てママにお勧めの仕事 出産後の再就職はまずは登録派遣から
ミステリーショッパーとは? 育児中の派遣の仕事の選び方 パパの扶養の範囲内での仕事選び 在宅でできる仕事を探す

<広告>

<広告>